hydrolysisの解説頁です。 Weblio辞書辞典>ヘルスケア>がん用語>hydrolysis>hydrolysisの1ページ目
「hydrolysis」とは
辞書を選択できます:

hydrolysisとは?



がん用語(⇒『がん情報サイト』)
【仮名】かすいぶんかい
原文】hydrolysis
によって化合物分解される化学反応

(提供元:がん情報サイト)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
加水分解(かすいぶんかい、: Hydrolysis)とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のことである。水解とも呼ばれる。
このとき水分子 (H2O) は、生成物の上で H(プロトン成分)と OH(水酸化物成分)とに分割して取り込まれる。
反応形式に従った分類により、加水分解にはいろいろな種類の反応が含まれる。
化合物ABが極性を持ち、Aが陽性、Bが陰性であるとき、ABが水と反応するとAはOHと結合し、BはHと結合する形式の反応が一般的である。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/12)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「hydrolysis」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio