Windows系OSの解説頁です。 Weblio辞書辞典>コンピュータ>IT用語辞典>Windows系OS>Windows系OSの1ページ目

Windows系OSとは?



IT用語辞典
読み方ウィンドウズけいオーエス
Windows系OSとは、Microsoft開発したオペレーティングシステムOS)のシリーズのことである。
最初のWindows系OSは、1985年発売されたWindows 1.0である。当初MS-DOSグラフィカルユーザーインターフェースGUI環境追加するための拡張ソフトウェアであった。Windows 95以降Windows独立したソフトウェアとして機能するようになる。
Windows系OSは、1990年発売されたWindows 3.0と、1993年発売されたWindows 3.1によって普及し、PC/AT互換機用の標準OSとして定着した。Windows 3.1後継として1995年登場した、Windows 951998年Windows 98では、店頭販売される一般向けPCへのプリインストール販売などによって市場シェア拡大し、PC向け標準OSとしての地位不動のものとした。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「Windows系OS」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio