WWE_2008_SmackDown_vs_Rawの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>WWE_2008_SmackDown_vs_Raw>WWE_2008_SmackDown_vs_Rawの2ページ目

WWE_2008_SmackDown_vs_Rawとは?




目次

 1 システム
 2 ゲームモード
 3 試合形式
 4 登場スーパースター
 4.1 RAW
 4.2 SMACKDOWN!
 4.3 ECW
 4.4 LEGEND&AFTER
 5 外部リンク

ウィキペディア目次へ
システム
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年3月)

攻撃方法は大きく打撃技とグラップルに分けられる。
打撃技はパンチやキックなどでダメージを与える技で、グラップルは相手をつかんでからダメージを与える技である。
防御は相手の打撃技やグラップルに対しタイミングよくカウンターのボタンを押すことで可能である。
ダメージを与えたりアピールをしたりすることでモメンタムゲージがたまっていき、満タンになった時点でより強力なフィニッシャーを使用することができる。
なお、前作まではフィニッシャーアイコンをためることでいつでもフィニッシャーを出せるようにすることができたが、今作ではファイティングアイコンをためるというシステムに変更されたため、いつでもフィニッシャーを出せる状態にすることはできなくなった。
今作での大きな変更点として、ファイティングスタイルがある。
注目の情報

ページ(2/9)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「WWE_2008_SmackDown_vs_Raw」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「WWE_2008_SmackDown_vs_Raw」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio