V型5気筒の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>V型5気筒>V型5気筒の1ページ目

V型5気筒とは?



ウィキペディア
V型5気筒(ブイがたごきとう)とは、レシプロエンジン等のシリンダー配列形式のひとつ。
5つのシリンダーがV型に開かれ配置される。
採用例は極めて少なく市販車ではフォルクスワーゲン、レースでは二輪ホンダとチームKRのみである。
目次
フォルクスワーゲンのV型5気筒

同社の狭角V型6気筒エンジンから1気筒取り除いたエンジンである。
フォルクスワーゲンの狭角V型エンジンは、V型といえども、直列エンジンの軸方向の長さを短くする目的で、シリンダー位置をラップさせた(重ねた)もので、そのため、クランクシャフトも直列型に極めて近く、爆発間隔も直列5気筒と同じ144°である。
搭載車は4ドアセダンのボーラパサートの一部に留まっていたが、それぞれのモデルチェンジ(ボーラ→ジェッタ、パサートB5.5→B6)でV5搭載グレードは消滅し、現在V5搭載車は生産されていない。
ホンダのV型5気筒

2002年からのロードレース世界選手権の大幅な規定変更にあわせて、従来の2ストロークエンジンに代わって(2ストロークも一部継続)採用された4ストロークガソリンエンジンである。
レギュレーションで4気筒と5気筒に同じ最低重量が適用されたことが5気筒エンジンが選ばれた背景のひとつである。
同社はかつてWGP125ccクラスで直列5気筒エンジンを採用したことがあるが、今回は同じ5気筒をV型という形式に適用した。
通常V型エンジンは偶数気筒で構成されるが、ホンダは過去に二輪の市販車とレーサーでV型3気筒を手がけており、それに続く奇数気筒のV型エンジンとなった。
RC211Vのエンジンは奇数気筒ということもあり、従来のV型エンジンとはかなり変わった構成をとる。
クランクピンを共有するV型2気筒エンジンを基本とし、それと対称なV型2気筒からなる。
残りの1気筒は、ふたつのV2エンジンで構成されたV4エンジンの中央に追加したようなエンジンである。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「V型5気筒」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio