570トン型掃海艇の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>570トン型掃海艇>570トン型掃海艇の1ページ目

570トン型掃海艇とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
えのしま型掃海艇(えのしまがたそうかいてい、英語: Enoshima-class minesweepers)は、海上自衛隊が保有する中型掃海艇(⇒『Mine Sweeper Coastal』, MSC)の艦級。ネームシップの建造単価は201億円であった[1]
先行するひらしま型(16MSC)をもとに、船体構造を繊維強化プラスチック(FRP)製としたものであり、海自掃海艇初のFRP船となっている[2]
目次

 1 来歴
 2 設計
 3 装備
 4 同型艇
 5 参考文献
 6 外部リンク
来歴

第二次世界大戦まで、機雷とはすなわち触発式の係維機雷であり、これに対する掃海艇は、艦隊の前路掃海を主任務として比較的高速・重装備の鋼製の艇が主流であった。
しかし大戦後期から朝鮮戦争にかけて磁気・音響による感応機雷が出現し、触雷を避けるため、1950年代以降、掃海艇の建材としては非磁性化可能な木材が採用されるようになった。
しかしその後、木材の高騰と木船建造技術者の減少を受け、掃海艇のFRP化が模索されるようになり、1972年には世界初のFRP掃海艇としてイギリス海軍の「ウィルトン(⇒『英語版』)」が進水した。欧州各国においては、1950年代に木造掃海艇を大量建造して以降、これらが老朽化して更新を必要とするまで15-20年の空白があったため、次世代掃海艇の建造態勢を事実上一から構築する必要があり、したがって木造艇に拘泥する必要が薄かったこともあり、1975年前後から就役を開始した戦後第2世代の掃海艇はFRP艇が多く採用されるようになった[3]
この流れを受けて、防衛庁(当時)技術研究本部も、昭和48年度より「強化プラスチック(FRP)艇」に関する研究開発を進めており、1978年にははつしま型(53MSC)の機関部と同寸法の船体が試作された。
注目の情報

ページ(1/19)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「570トン型掃海艇」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio