56th Division (Imperial Japanese Army)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>56th Division (Imperial Japanese Army)>56th Division (Imperial Japanese Army)の1ページ目

56th Division (Imperial Japanese Army)とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
第56師団(だいごじゅうろくしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。
目次

 1 概要
 2 沿革
 2.1 坂口支隊
 3 師団概要
 3.1 歴代師団長
 3.2 参謀長
 3.3 最終所属部隊
 4 脚注
 5 参考文献
 6 関連項目
 7 外部リンク
概要

1940年昭和15年)8月から常設師団のうちの8個師団が満州に永久駐屯することになり、代替の常設師団として留守師団を基幹にした師団の新設が進められることになった[1]
その一つである第56師団は留守第12師団を母体に久留米で編成され、福岡佐賀長崎の三県を徴兵区としていた。
なお、その管轄区域は1941年から久留米師管区に改称され、1945年(昭和20年)には、補充任務等の管轄区域の軍政を担当する留守師団司令部は独立し久留米師管区司令部となった。
沿革

師団は編成後、当初は久留米に在り西部軍に属していたが、師団主力は太平洋戦争開戦に伴い1941年11月に動員され、第25軍に編入しマレー作戦を担当する予定であったが同作戦の早期達成により、1942年(昭和17年)3月、第15軍に属しビルマの戦いに従軍。
侵攻作戦とビルマルート(援蒋ルート)遮断に成功した。
1942年5月からビルマ北東部の中国雲南省との国境警備を担当。
歩兵第113連隊の主力を拉孟に、同連隊第3大隊を龍陵に、歩兵第148連隊を騰越に配置した。
注目の情報

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「56th Division (Imperial Japanese Army)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio