56Feの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>56Fe>56Feの1ページ目

56Feとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年5月)

鉄56(てつ56、56Fe)は、最も豊富に存在する鉄の同位体であり、全体の91.754%を占める。
鉄56は、全ての同位体の中で核子当たりの質量が最も小さい。
核子1個当たりの結合エネルギーは8.8 MeVであり、鉄56は最も結合の強い原子核の1つである[1]
例えばニッケル62は核子当たりの結合エネルギーがより強いが、これはニッケル62では陽子よりわずかに質量の大きい中性子の割合が多く、核子当たりの質量が大きいためである。
そのため、核融合を起こす軽い元素や核分裂を起こす重い元素はエネルギーを放出して核子の結合をより強固にし、その結果、原子核は核子当たりのエネルギーを最小化する方向に進み、最終的に鉄56となる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「56Fe」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio