566 Stereoskopiaの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>566 Stereoskopia>566 Stereoskopiaの1ページ目

566 Stereoskopiaとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステレオスコピア566 Stereoskopia
仮符号・別名1905 QO
分類小惑星
軌道の種類小惑星帯キュベレー族
発見
発見日1905年5月28日
発見者P. ゲッツ
軌道要素と性質元期:2008年5月14日 (JD 2,454,600.5)
軌道長半径 (a)3.384 AU
近日点距離 (q)3.007 AU
遠日点距離 (Q)3.761 AU
離心率 (e)0.111
公転周期 (P)6.23
軌道傾斜角 (i)4.90
近日点引数 (ω)294.60 度
昇交点黄経 (Ω)80.26 度
平均近点角 (M)66.07 度
物理的性質
直径168.16 km
スペクトル分類C
絶対等級 (H)8.03
アルベド(反射能)0.0383
色指数 (B-V)0.712
色指数 (U-B)0.291
⇒『』Template (⇒『』ノート ⇒『』解説) ■Project

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「566 Stereoskopia」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio