56式自動小銃の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>56式自動小銃>56式自動小銃の1ページ目

56式自動小銃とは?



ウィキペディア

このページの名前に関して「56式自動歩槍」への改名が提案されています。
議論は「⇒『Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 軍事』」を参照してください。
このタグは2009年11月に貼付されました。
56式自動歩槍
折り畳み式銃剣付きの56式自動小銃(上)とAKS-47(下)レシーバーは削り出し加工の初期型。
概要
製造国 中国
設計・製造
ミハイル・カラシニコフ(設計技師)
中国北方工業公司(製造会社)
性能
銃身長
414mm(56式、56-1式、56-2式)
317mm(56-C式)
ライフリング4条右回り
使用弾薬7.62mm×39
装弾数
20連ショートマガジン30連ノーマルマガジン40連ノーマルマガジン
75連ドラムマガジン
作動方式ガス圧作動、ターンロックボルト
全長
874mm(56式)874mm(56-1式)654mm(56-2式)
557mm(56-C式)
重量
4300g(56式)3800g(56-1式)3940g(56-2式)
2850g(56-C式)
発射速度600~650発/分
銃口初速735 m/s
有効射程400m

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/99)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「56式自動小銃」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio