5-carboxymethyl-2-hydroxymuconate Delta-isomeraseの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>5-carboxymethyl-2-hydroxymuconate Delta-isomerase>5-carboxymethyl-2-hydroxymuconate Delta-isomeraseの2ページ目

5-carboxymethyl-2-hydroxymuconate Delta-isomeraseとは?




5-カルボキシメチル-2-ヒドロキシムコン酸Δイソメラーゼ(5-carboxymethyl-2-hydroxymuconate Delta-isomerase、EC ⇒『5.3.3.10』)は、以下の化学反応触媒する酵素である。
5-カルボキシメチル-2-ヒドロキシムコン酸5-カルボキシ-2-オキソヘプタ-3-エン二酸
従って、この酵素の1つの基質は5-カルボキシメチル-2-ヒドロキシムコン酸、1つの生成物は5-カルボキシ-2-オキソヘプタ-3-エン二酸である。
この酵素は異性化酵素、特にC=C結合の転位に関与する分子内酸化還元酵素に分類される。
系統名は、5-カルボキシメチル-2-ヒドロキシムコン酸 Δ2,Δ4-2-オキソ,Δ3-イソメラーゼである。
この酵素は、チロシンの代謝やヒドロキシル化による安息香酸の分解に関与している。
構造

2007年末時点で、この酵素の4つの構造が解明されている。
注目の情報

ページ(2/3)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「5-carboxymethyl-2-hydroxymuconate Delta-isomerase」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「5-carboxymethyl-2-hydroxymuconate Delta-isomerase」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio