5-aminopentanamidaseの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>5-aminopentanamidase>5-aminopentanamidaseの2ページ目

5-aminopentanamidaseとは?




5-アミノペンタンアミダーゼ(5-aminopentanamidase、EC ⇒『3.5.1.30』)は、以下の化学反応触媒する酵素である。
5-アミノペンタンアミド + 水5-アミノペンタン酸 + アンモニア
従って、この酵素の基質は、5-アミノペンタンアミドとの2つ、生成物は5-アミノペンタン酸とアンモニアの2つである。
この酵素は加水分解酵素、特に鎖状アミドの炭素-窒素結合に作用するものに分類される。
系統名は、5-アミノペンタンアミド アミドヒドロラーゼ(5-aminopentanamide amidohydrolase)である。
他に、5-aminovaleramidase、5-aminonorvaleramidase等とも呼ばれる。
この酵素は、リシンの分解に関与している。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/3)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「5-aminopentanamidase」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「5-aminopentanamidase」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio