5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリル-β-D-ガラクトピラノシドの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリル-β-D-ガラクトピラノシド>5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリル-β-D-ガラクトピラノシドの2ページ目

5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリル-β-D-ガラクトピラノシドとは?




5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリル-β-D-ガラクトピラノシド、通称X-gal(エックスギャル)は、ガラクトースと置換インドールから構成される有機化合物である。分子生物学において、β-ガラクトシダーゼにより分解されると青い色を呈する性質を利用して、組換えプラスミド遺伝子が挿入されたことを確認する簡便な検査法である、ブルー・ホワイトセレクションに用いられている。
目次

 1 作用機構
 2 応用
 2.1 レポーターアッセイ
 2.1.1 飲料水の検査
 3 脚注
作用機構

酵母あるいは大腸菌において、ラクトースオペロンを構成する遺伝子lacZの翻訳産物であるβ-ガラクトシダーゼが発現すると、X-galはガラクトースと5-ブロモ-4-クロロ-3-インドールに切断される。
5-ブロモ-4-クロロ-3-インドールは酸化されて、不溶性の青い色素である5,5'-ジブロモ-4,4'-ジクロロ-インディゴに変化する。
これを用いて、寒天培地の中にX-galとβ-ガラクトシダーゼの誘導剤(通常はイソプロピル-β-チオガラクトピラノシド(IPTG))を加えておくことにより、ラクトースオペロンを発現しているコロニーを容易に見分けることができる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/5)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリル-β-D-ガラクトピラノシド」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリル-β-D-ガラクトピラノシド」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio