5 Pairs of Shoesの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>5 Pairs of Shoes>5 Pairs of Shoesの1ページ目

5 Pairs of Shoesとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
五足の靴(ごそくのくつ)は、与謝野寛が、まだ学生の身分だった太田正雄(木下杢太郎)北原白秋平野万里吉井勇の4人を連れて旅した記録、紀行文で、1907年に発表された。
目次

 1 執筆の経緯・旅程
 2 意義と影響
 3 参考文献
 4 外部リンク
 5 脚注
 6 関連項目
執筆の経緯・旅程

5名は1907年7月下旬から8月末にかけて、九州を中心に各地を旅行し、旅行記は同年8月7日から9月10日にかけて、『東京二六新聞』紙上に連載された。
なお連載時は執筆者は匿名で、表題には「五人づれ」、文中では与謝野鉄幹は「K生」、木下杢太郎は「M生」、北原白秋は「H生」、平野万里は「B生」、吉井勇は「I生」の仮名を用いた。
5名の旅程は以下の通りである。
 7月28日
 東京を夜行列車で出発。
 7月29日
 車中泊
 7月30日
 厳島、赤間が関(山口県下関市)を見学。
 下関「旅館川卯」に泊まる。
 7月31日
 福岡 一行を迎えて福岡文学会開催。海の中道見物。
 中洲の「川丈旅館」に泊まる。
 8月1日
 千代の松原で海水浴。
 柳川 北原白秋の実家[1]に泊まる。
 8月2日
 白州生家の酒蔵を見学する。
 「北原白秋宅」に連泊する。
 8月3日
 佐賀城跡を一周する。
 佐賀に泊まる。
 8月4日
 虹の松原見物。

注目の情報

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「5 Pairs of Shoes」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio