ホジュン 宮廷医官への道の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ホジュン 宮廷医官への道>ホジュン 宮廷医官への道の1ページ目

ホジュン 宮廷医官への道とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
『許浚 宮廷医官への道』(きょしゅん きゅうていいかんへのみち、ホジュン きゅうていいかんへのみち、原題:「許浚」、朝鮮語: 허준)、あるいは『許浚 〜宮廷医官への道〜』は、韓国テレビドラマである。

目次


 1 概要
 2 ストーリー
 3 登場人物
 3.1 重要人物
 3.2 ホ・ジュンの家族
 3.3 ユ・ウィテ、ドジの家族
 3.4 ク・イルソの家族
 3.5 ユ医院
 3.6 山陰(サヌム)の人々
 3.7 内医院(ネイウォン)、恵民署(ヘミンソ)
 3.8 義禁府(ウィグムブ)
 3.9 王室、王族
 3.10 宮廷の重臣
 3.11 その他
 4 スタッフ
 5 外部リンク
概要

1976年李恩成(イ・ウンソン、朝鮮語: 이은성)が許浚の生涯を題材としてシナリオを書いた連続ドラマ『執念』がMBC(韓国文化放送)から放送された。
李恩成はこれをもとに1990年、『許浚』を発表し、300万部を越えるベストセラーとなった。
しかし、執筆中に李恩成が死去したため未完のままとなっている。
1999年には、『小説 東医宝鑑』を原作としてMBCが連続ドラマ『ホジュン』(全64話。
放映期間:1999年11月 - 2000年7月)を放映し、韓国で63.5%の高視聴率を記録した。2003年には台湾で『医道:一代神医 許浚』という名で放映され、2005年には香港でも放映された。
中国では2006年から正式放映された。
日本では『ホジュン 〜宮廷医官への道〜』というタイトルで2007年4月2日から同年6月29日までBS朝日で放送された。
さらに同年7月2日から7月6日まではその名場面集が放送された。
好評だったため同年8月29日より毎週水曜日22:00 - 22:54に毎週1話ずつ再放送した。
なお、BS朝日では最終話を2回に分けて放送したため、オリジナル版の全64話完結に対し、全65話完結扱いであった。
注目の情報

ページ(1/9)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ホジュン 宮廷医官への道」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio