黄泉の国の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>黄泉の国>黄泉の国の1ページ目

黄泉の国とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
黄泉(よみ)とは、日本神話における死者の世界のこと。古事記では黄泉國(よみのくに、よもつくに)と表記される。

目次


 1 語源
 2 記紀の伝承
 2.1 『古事記』
 2.2 『日本書紀』
 2.3 『出雲国風土記』
 3 漢語としての「黄泉」
 4 『聖書』中の訳語としての「黄泉」
 5 異説:地上の特定地域説
 6 出典・脚注
 7 関連項目
 8 外部リンク
語源

語源には諸説ある。
最も有力なのは大和言葉の「ヨミ」に、漢語の「黄泉」の字を充てたものであるとされ[1]、また、漢語で「黄泉(こうせん)」は「地下の泉」を意味し、それが転じて地下の死者の世界の意味となったともされる。
他には
 「山」説。
黄泉が「坂の上」にあり、原義は山であるとする[2]
記紀の伝承
『古事記』

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「黄泉の国」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio