食物の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>食物>食物の2ページ目

食物とは?




イザナミペルセポネも、ともに冥界の食物を口にするのだが、イザナミ冥界の火で煮炊きした物を食べ、ペルセポネは生のざくろを食べた、という違いがある。
*「火食」の起源→〔火〕1cの『封神演義』第1回。
★2.異郷の食物を口にしない。
諏訪本地御伽草子)兼家系 甲賀三郎兼家は地底異郷落ち入り人里求めて歩くうちに、粟畑中にやぐらを作って鹿を追う翁と出会う
翁は、「ここは維縵国であり、もし汝が再び日本に帰ろうと思うならば、この国の物を一口も食うな」と教える。
ドイツ伝説集』グリム533「ヴィルテンベルクの城に仕え騎士ウルリヒ騎士ウルリヒ狩りに出て道に迷い、馬に乗った死者一行(5百人騎士同数婦人)に出会う
彼は一行宿泊地までついて行くが、死者1人である婦人ウルリヒに、「料理をすすめられても、いっさい手をつけないように」と禁ずる→〔十字架2b
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/50)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「食物」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「食物」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio