韓国映画の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>韓国映画>韓国映画の1ページ目

韓国映画とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
韓国映画(かんこくえいが)は、韓国国籍を持つ者または韓国の法人によって製作された映画で、ほとんどの場合、韓国人の映画スタッフと俳優で構成され、主に韓国国内の映画館などで公開される映画を指す。

目次


 1 歴史
 1.1 ニューウェーブ
 2 映画祭
 3 映画賞
 4 政府と映画の関係
 4.1 スクリーンクォータ制度是非論
 5 韓国映画興行成績ランキング
 5.1 韓国
 5.2 日本
 6 脚注
 7 関連項目
 8 外部リンク
歴史

日本統治時代の映画については日本映画#朝鮮を参照のこと。
1970年代後半の韓国はテレビはまだ白黒モノラル放送[1]、他の大衆娯楽がゆたかになるにつれ、日本と同様、映画の製作本数は減ってはいたが、まだ映画は大衆娯楽の雄であった[1]
1977年まで映画の制作会社は14社あり、1978年に6社増え計20社となった[1]
独立プロはなかった[1]
上映状況に合わせて政府側から製作本数の調整要請があり、例年1社が年6本程度の製作であるが、1979年は1社5本という要請があり、年間計100本の製作を予定された[1]
劇場は1979年に韓国全土で約500館[1]
輸出は香港、台湾、アメリカの一部で、日本へは全く輸出されていなかった[1]
マーケットがまだ小さく、作品が完成してもすぐ封切りにならず、未封切作品も多かった。
当時日本の大手映画会社は興行不振が続き、自社製作を減らしていたため、映画のスタッフが撮影所でテレビ映画を撮ることが多かったが、当時の韓国はテレビ映画は全くなく、テレビドラマは全てテレビ局のスタッフが局のスタジオ等で撮影していた[1]
この頃、韓国で人気があった映画はアイドル歌手・へウニ主演の『私だけを愛して』のような青春もの、『私がすてた女』、『O嬢のアパート』等の女性映画、文芸ものなどが多く製作されヒットしていた[1]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/31)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「韓国映画」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio