障害の解説頁です。 Weblio辞書辞典>ヘルスケア>がん用語>障害>障害の1ページ目
「障害」とは
辞書を選択できます:

障害とは?



がん用語(⇒『がん情報サイト』)
【仮名】しょうがい
原文disorder
医学では、正常な精神または身体の機能撹乱された状態を指す。
障害は遺伝性の因子疾患外傷などが原因となって生じる。

(提供元:がん情報サイト)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
障害(しょうがい)とは、ものごとの達成や進行のさまたげとなること、また、さまたげとなるもののことである。障礙(しょうげ、略字で障碍)は、仏教用語として煩悩障など心を覆い隠し悟りを妨げている要素を指して用いられたことから、邪魔するなどといった意味で使われ、明治時代にはしょうがいと読まれるようになった。
その後、日本では妨げというような意味では、それらの表記は区別されず用いられた。
1940年代の当用漢字表によって、障害の表記が採用されると、障碍の語はあまり用いられなくなった。
身体機能の障害に対して、法令などで障害の語が当てられるようになった。
近年、障害者の表記を巡って議論がある。
なんらかの障害によって発生するダメージやトラブル、問題が生じたという意味。
また、支障をきたしている状態も指す。
医学的には、生理的な機能障害のimpairmentと、その結果ものごとを遂行するための能力障害disabilityが日本語では区別されておらず、また精神障害では、変調を意味するdisorderに障害の語があてられる。
社会福祉のモデルとしては、社会的な制約を取り払うためにdisabilityに焦点を当てた政策が考えられる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/10)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「障害」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio