限定的贖罪の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>限定的贖罪>限定的贖罪の1ページ目

限定的贖罪とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
限定的贖罪(げんていてきしょくざい、Limited atonement、definite atonement、particular redemption)は、イエス・キリスト十字架の贖いの死は、救いに選ばれた者のためだけであり、すべての人のためではないという教理
特にカルヴァン主義神学を明らかにしたドルト信仰基準の5特質(頭文字をとりTULIP)の一つ。
この教理はアルミニウス主義の不特定の贖罪と対立する。

目次


ウィキペディア目次へ
聖書

聖書箇所はヨハ10:15、エペ5:25である。[1]

ウィキペディア目次へ
父による選び

絶対者がすべての人を愛されるとは、神が特定の選民をすべて愛されるという意味であり、他の人は神の特別の愛が与えられず、一般恩寵しか受けない。[2]

ウィキペディア目次へ
キリストの贖い

キリストの十字架はすべての人を贖われたのではなく、選ばれた者だけを確実に贖われた。
キリストの贖いは完全であり、すべての人を贖われたのであれば、万人が救済されてしまうが、滅びる者らがいる。[3][4]

ウィキペディア目次へ
聖霊の内住

第二コリ5:14-15の「すべて」の語もすべての選ばれた者の意味である。
神は特定の人のみを愛され、特定の人のためにのみキリストは死に、特定の人は神から聖霊を送られ、聖霊によって罪に対して死ぬことが出来る。[5]

ウィキペディア目次へ
すべての人に対して

ローレン・ベットナーはキリストの十字架により、滅ぼされる人を含めて、すべての人が何らかの恩恵を受けることを否定していない。
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「限定的贖罪」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio