鏡子の家の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>鏡子の家>鏡子の家の1ページ目

鏡子の家とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
鏡子の家』(きょうこのいえ)は、三島由紀夫長編小説
戦後は終わった」とされた昭和30年前後の「時代」を生きた若者5人のニヒリズムを描いた作品で[1][2]、三島が自身の青春や「戦後」といわれた時代への総決算として力を注いだ小説である[3][4][5]
成功作とはならなかったが、三島文学の軌跡において極めて重要な意味を持つ小説である[6][7]
名門資産家の令嬢・鏡子と、そのサロンに集まる4人の青年たち――世界の崩壊を確信しているエリート商社マン、私立大学の学生拳闘選手、才能豊かな童貞日本画家、売れない美貌新劇俳優――といった、終戦直後の廃墟の原体験と無秩序の意識を持ち続ける5人が、新たな時代の転換の中で抱く虚無的な感覚を描いた物語。
彼らの前に立ちはだかる時代の「壁」に対する孤独ストイックな方法と破滅が、抑制的な成熟した文体と古典的心理主義の手法で描かれている[5][8][9]
当初、市川崑監督で映画化の話もあったが、実現には至らなかった[10][11]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/30)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「鏡子の家」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio