錦糸町駅の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>錦糸町駅>錦糸町駅の1ページ目

錦糸町駅とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
錦糸町駅
南口駅ビル「TERMINA」(2019年11月
きんしちょう Kinshichō
⇒『
北口駅舎(2007年2月)
錦糸町駅(きんしちょうえき)は、東京都墨田区江東橋三丁目[1]にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)のである。

目次


 1 乗り入れ路線
 2 歴史
 3 駅構造
 3.1 JR東日本
 3.1.1 のりば
 3.1.2 発車メロディ
 3.2 東京メトロ
 3.2.1 のりば
 3.2.2 発車メロディ
 4 利用状況
 4.1 年度別1日平均乗降人員
 4.2 年度別1日平均乗車人員(1890年代 - 1930年代)
 4.3 年度別1日平均乗車人員(1953年 - 2000年)
 4.4 年度別1日平均乗車人員(2001年以降)
 5 駅周辺
 5.1 北口
 5.2 南口
 5.3 公共施設など
 5.4 学校
 5.5 道路
 6 バス路線
 6.1 南口
 6.2 北口
 6.3 東武ホテルレバント東京
 7 隣の駅
 8 脚注
 8.1 記事本文
 8.1.1 注釈
 8.1.2 出典
 8.1.2.1 報道発表資料
 8.2 利用状況
 9 関連項目
 10 外部リンク
乗り入れ路線

JR東日本の各線(後述)と、東京メトロの半蔵門線が乗り入れ、接続駅となっている。
また、各路線に駅番号が付与されている[1]
 JR東日本:各線(後述)
 東京メトロ:⇒ 半蔵門線 - 駅番号「Z 13
JR東日本の駅に乗り入れている路線は総武本線であり、当駅は東京駅方面の本線と御茶ノ水駅方面の支線との分岐駅となっている。
当駅 - 千葉駅間は総武快速線中央・総武緩行線との複々線区間となっている。
また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属している[2]
  総武線(快速):急行線を走行する総武本線の近距離電車。
上り列車は東京駅を起点に横須賀線への直通運転も実施している。
- 駅番号JO 22
  総武線(各駅停車):緩行線を走行する総武本線の近距離電車。
当駅以西は総武本線支線を経由し、御茶ノ水駅から中央本線へ走行し[注釈 1]、当駅以東は総武本線を走行する。
- 駅番号「JB 22
東京メトロ半蔵門線の列車は東京急行電鉄東武鉄道との3社直通運転を行っている。
歴史
⇒『
震災復興後の総武本線(高架)と錦糸町駅付近
 1894年明治27年)12月9日総武鉄道本所駅(ほんじょえき)として本所区錦糸町に開業[3]
 1895年(明治28年):総武鉄道本所工場及び本所機関庫を駅構内に開設。
 1907年(明治40年)9月1日鉄道国有法により買収、国有化[3]
 1915年大正4年)
 5月1日錦糸町駅に改称[3][注釈 2]
 5月11日:本所工場と本所機関庫をそれぞれ錦糸町工場と錦糸町機関庫に改称。
 1923年(大正12年)9月1日関東大震災により壊滅[3]
その後、工場と機関庫は新小岩に移転。
 1945年昭和20年)3月10日東京大空襲により全焼[3]
 1961年(昭和36年)11月28日:南口に駅ビル「テルミナ」が開業する[4]
 1967年(昭和42年)10月1日東京日産化学専用線およびシェル石油専用線廃止。
 1972年(昭和47年)7月15日:総武快速線東京 - 錦糸町駅開業に伴い、総武緩行線と総武快速線の乗換駅となる[3]
 1980年(昭和55年)5月30日:北口に「らがーる」(現・テルミナ2)が開業する[4]
 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化に伴い、国鉄の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる[3]
 2001年平成13年)11月18日:JR東日本でICカードSuica」の利用が可能となる[報道 1]
 2003年(平成15年)
 3月19日帝都高速度交通営団(営団地下鉄)半蔵門線が開業[報道 2][5]
営団地下鉄・JR東日本の乗換業務を開始。
 7月23日:テルミナウエストウィングが開業する[4]
 2004年(平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、半蔵門線の駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される[報道 3]
 2007年(平成19年)3月18日:東京メトロでICカード「PASMO」の利用が可能となる[報道 4]
 2016年(平成28年)2月2日:この日をもってJRの北口のみどりの窓口が営業を終了[6]
 2017年(平成29年)4月27日:JR南口の「テルミナ」1階がリニューアルオープンし、それに伴い駅ビル外装が改装される[7]
 2018年(平成30年)9月13日:半蔵門線の駅に発車メロディを導入[報道 5]
 2020年令和2年)9月30日:この日をもってびゅうプラザが営業を終了〈予定〉[8][9][報道 6]
駅構造

JR東日本と東京メトロの駅は少し離れた別構内であり、両駅の出入口はやや離れている[10]
両駅は直結しておらず、一旦屋外を少し歩く必要がある。
半蔵門線の駅は、南北方向に走る道路(四ツ目通り)の地下に立地する[11]
東西に伸びるJR総武線に対して、通路が南北方向に伸びている。
JR東日本
JR 錦糸町駅[* 1]
きんしちょう Kinshichō
所在地東京都墨田区江東橋三丁目14-5⇒『北緯35度41分48秒東経139度48分50秒座標: ⇒『北緯35度41分48秒 東経139度48分50秒
所属事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号キウ
駅構造高架駅
ホーム2面4線
乗車人員-統計年度-105,681人/日(降車客含まず)-2019年-
開業年月日1894年明治27年)12月9日[3]
乗入路線 2 路線
所属路線総武線(快速)[* 2]
駅番号JO22
キロ程4.8km(東京起点)
◄JO 21 馬喰町[* 3] (2.5km)
(5.2km) 新小岩 JO 23►
所属路線総武線(各駅停車)[* 2]
駅番号JB22
キロ程0.0km(錦糸町[* 4]起点)千葉から34.4km
◄JB 21 両国 (1.5km)
(1.5km) 亀戸 JB 23►
備考直営駅管理駅みどりの窓口 有⇒ 東京都区内
^ 1915年に本所駅から改称 ^ a b 正式な路線名 - 馬喰町方および亀戸・新小岩方は総武本線 - 両国方は総武本線支線^ この間に東京支社千葉支社境界あり(当駅から新小岩方は千葉支社管内)^ 総武本線支線の起点として
⇒『テンプレートを表示

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/36)
次ページ





ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典