鉄道院基本形客車の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>鉄道院基本形客車>鉄道院基本形客車の1ページ目

鉄道院基本形客車とは?



ウィキペディア
鉄道院基本形客車(てつどういんきほんがたきゃくしゃ)は、日本国有鉄道の前身である鉄道院1910年から1917年にかけて製造した、鉄道国有化後最初の制式木造ボギー式客車形式群である。
なお、この名称は国鉄が定めた正式の系列呼称ではなく、1910年より製造された6810形(のちの12000形)と同様の寸法・構造で1928年の称号改正において主として10000番台の形式称号を与えられた客車群を総称する、鉄道院部内での呼称である。
⇒『
6810形(後の12000形) ホハ7100
目次

 1 概要
 2 車体
 3 主要機器

注目の情報

ページ(1/57)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「鉄道院基本形客車」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio