金沢シーサイドライン新杉田駅逆走事故の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>金沢シーサイドライン新杉田駅逆走事故>金沢シーサイドライン新杉田駅逆走事故の1ページ目

金沢シーサイドライン新杉田駅逆走事故とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
金沢シーサイドライン新杉田駅逆走事故(かなざわシーサイドラインしんすぎたえきぎゃくそうじこ)は、2019年令和元年)6月1日横浜シーサイドラインが運行する金沢シーサイドラインAGT路線)の新杉田駅で列車が逆走し車止めに衝突、乗客が負傷した事故である。
同路線初の鉄道人身障害事故となった。
目次

 1 概要
 2 原因
 3 影響
 4 脚注
 5 関連項目
 6 外部リンク
概要

2019年(令和元年)6月1日午後8時15分頃、新杉田駅並木中央駅行きの2000形5両編成の電車(無人自動運転)は旅客の乗降を終え、ドアが閉まると同時に進行方向とは逆方向に起動し、25メートル先の車止めに衝突した。
全車両のモーターが進行方向とは逆に動き、時速20キロメートル以上で車止め油圧緩衝装置タイプ)に衝突したと見られている[2][3]
一方、当該車両が新杉田駅に到着した際、前照灯前部標識)の切り替えやモーターを進行方向に切り替える信号が駅側から正常に送信され、さらに前照灯の切り替えと扉の開閉については正常に作動していたことが分かっている[2]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「金沢シーサイドライン新杉田駅逆走事故」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio