金久實の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>金久實>金久實の2ページ目

金久實とは?




これは、手動で描かれた代謝に関する実験的知識を表したKEGGパスウェイマップと、細胞生物のその他機能に関する情報を集めたものである。
各パスウェイマップには分子相互作用や反応のネットワーク情報が記載され、ゲノム中の遺伝子からパスウェイ中の遺伝子産物(⇒『英語版』)(その大半はタンパク質)にリンクするよう設計されているこれによりKEGGパスウェイマッピングと呼ばれる分析ができ、それによってゲノム中の遺伝子をKEGGパスウェイデータベースと比較してどのパスウェイや関連する機能がゲノム中にコードされていそうなのかを調べられるようになった。
受賞歴

1999年、金久は初代の日本バイオインフォマティクス学会の会長に選出された[7][10]
また2013年、国際計算生物学会(⇒『英語版』)のフェロー(⇒『英語版』)に選ばれた[4]
参照情報
^ “⇒『金久ラボラトリーズ - 金久 實』”. www.kanehisa.jp. 2017年9月29日閲覧。^ ⇒『金久實』の出版物 - Google Scholar^ ⇒『Minoru Kanehisa』 - ⇒『DBLP』 Bibliography Server ^ a b c Fogg, Christiana N.; Kovats, Diane E. (2013-08-22). “International Society for Computational Biology Welcomes Its Newest Class of Fellows”. PLoS Computational Biology 9 (8): e1003199. doi:⇒『10.1371/journal.pcbi.1003199』. ^ “⇒『Citation Laureates 2018』”. Clarivate Analytics. 2018年9月29日閲覧。^ “⇒『Minoru Kanehisa - Curriculum Vitae』”. www.kanehisa.jp. 2017年9月13日閲覧。 ^ a b “⇒『Overview of Bioinformatics Research in Japan』”. 2017年9月13日閲覧。^ Kanehisa M; Goto S (2000). ⇒『“KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes”』. Nucleic Acids Res 28 (1): 27-30. doi:⇒『10.1093/nar/28.1.27』. PMC: ⇒『102409』. PMID ⇒『10592173』. ⇒『https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC102409/』. ^ Kanehisa M (1997). “A database for post-genome analysis”. Trends Genet 13 (9): 375-6. doi:⇒『10.1016/S0168-9525(97)01223-7』.  PMID ⇒『9287494』. ^ “⇒『Japanese Society for Bioinformatics - JSBi :: 1st Board』” (英語). www.jsbi.org. 2017年9月13日閲覧。

注目の情報

ページ(2/3)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「金久實」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「金久實」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio