金久實の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>金久實>金久實の1ページ目

金久實とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
金久 實(かねひさ みのる、1948年1月23日 - )は、日本のバイオインフォマティクス研究者である。京都大学特任教授、パスウェイソリューションズ社の取締役、特定非営利活動法人バイオインフォマティクス・ジャパンの理事長を務めている[1][2][3]
彼は日本で最も知られ注目されているバイオインフォマティクスの専門家であり、KEGGバイオインフォマティクスデータベースの開発者としても知られる[4]
2018年、彼は「KEGG (Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes) の開発を含むバイオインフォマティクスへの貢献」でクラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞において生理学・医学賞部門を受賞した[5]

目次


 1 経歴
 2 受賞歴
 3 参照情報
 4 外部リンク
経歴

1948年、長崎市で生まれる。東京大学理学部物理学科で学び、1976年に物理学分野で博士(理学)を取得した。
博士研究員としてジョンズ・ホプキンズ大学医学部とロスアラモス国立研究所で研究した後、1981年にロスアラモス国立研究所所属の研究員となった[6]
ロスアラモスにいる間、公開されているすべてのヌクレオチド配列とその転写タンパク質のデータベースGenBankの開発者の一人であった[4][7]
1985年京都大学化学研究所助教授、1987年同教授、2016年特任教授。
1995年、金久はKEGG(京都遺伝ゲノム百科事典)のデータベースプロジェクトを開始した[8][9]ゲノム配列データの生物学的解釈に使えるコンピュータ化された情報源が必要になると予見し、彼はKEGG PATHWAYデータベースの開発を始めた。
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「金久實」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio