野崎まどの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>野崎まど>野崎まどの1ページ目

野崎まどとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「野﨑まど」です。
この記事に付けられた題名は⇒『技術的な制限』または記事名の制約により不正確なものとなっています。

野﨑 まど(のざき まど)は、日本小説家東京都墨田区生まれ。麻布大学獣医学部卒[2]
2009年の作品小説『[映] アムリタ』で、電撃小説大賞の一部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の最初の受賞者となる(有間カオルと同時受賞)[1]
2013年の作品『know』は第34回日本SF大賞候補作品[3]

目次


 1 生年について
 2 著作リスト
 2.1 メディアワークス文庫
 2.2 電撃文庫
 2.3 ハヤカワ文庫JA
 2.4 講談社タイガ
 2.5 集英社文庫
 2.6 講談社
 2.7 アンソロジー収録作品
 2.8 雑誌掲載作品
 2.9 その他
 3 アンソロジー編纂
 4 脚本
 5 脚注
生年について

一部のインターネット書店[4]では、「昭和22年生まれ」と書かれているが、これは『[映] アムリタ』刊行時の以下の著者プロフィールを誤解したものである[⇒『要出典』]
「東京都墨田区生まれ。
昭和22年に、当時の向島区本所区が合併する形で誕生した*。
*墨田区が。
[5]
また、メディアワークス文庫公式サイトではプロフィールは以下のようになっている。
「1947年にタイで生を受け、1949年に来日して以来、戦後の日本を60年にわたって見守り続けてきた近所のゾウのはな子のように凛として頑張っていきたいと思います。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「野崎まど」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio