違法行為の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>違法行為>違法行為の1ページ目

違法行為とは?



ウィキペディア
違法性(いほうせい)とは、形式的には、法規範に反している性質をいう。
ただし、違法性の本質については後述のように争いがあり、それに従って定義(特に、実質的な意味における違法性の定義)も変わる。
目次

 1 不法性との区別
 2 法分野間の違法の相対性(一元論と多元論)
 3 刑法における違法性
 3.1 形式的違法性論と実質的違法性論
 3.2 客観的違法論と主観的違法論
 3.3 結果無価値と行為無価値
 3.4 体系的地位
 3.5 日本における違法性論
 3.5.1 刑法における違法性
 3.5.2 違法性論の結論への影響と判例
 4 不法行為法における違法性
 5 債務不履行法における違法性
 6 参考文献
 7 注
 8 関連項目
 9 外部リンク
不法性との区別

違法性は行為もしくは状態が法令に違反していることをさす(例えば刑法など)。
一方、法令に対する違反とかかわりなく、単に道徳上非難されるべきにとどまるもしくは民事的事案の場合(不法行為も参照)、不当な行為であっても、違法とはいえない。
『不法』も『違法』もおおむね同義で用いられるが、どちらかといえば、『違法』は法律的、『不法』は実質的・主観的観念に重きを置いた場合に用いられることが多い[1]
法分野間の違法の相対性(一元論と多元論)

例えば、民事法上、違法・不法と評価される行為は、刑事法上も違法・不法と評価されるべきか、それとも、一方では違法とされ、他方では適法とされることも許されるのか、という問題について、見解が対立している。
違法一元論は、全ての法において、違法・適法の判断は統一的な基準によって行われると考える見解である。
違法多元論は、各法分野において、違法・適法の判断基準が異なってもよいとする見解である。
違法多元論によれば、例えば、刑法上の違法は、法秩序全体の中で違法とされるもののうち、刑罰をもって臨むにふさわしいといえる程度の違法性(可罰的違法性)が認められる場合にのみ肯定されなければならない(例えば、民事法上の損害賠償責任を負う者が、それを理由として、刑罰を科されるいわれはない)、という結論を導くことが可能となる。
他方、違法一元論によれば、こうした理解は論理的に不可能であり、それは不都合であると批判される。
注目の情報

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「違法行為」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio