道塚駅の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>道塚駅>道塚駅の1ページ目

道塚駅とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
道塚駅(みちづかえき)は、かつて存在した東京急行電鉄(東急)目蒲線(現、東急多摩川線)の鉄道駅である。
廃止時点では東京都蒲田区(現・大田区)にあった。

目次


ウィキペディア目次へ
歴史

1923年大正12年)11月1日に丸子駅(現、沼部駅 - 蒲田駅間が全通した2年後、矢口駅(現、矢口渡駅) - 蒲田駅間に本門寺道駅として開業した。1936年昭和11年)に本門寺道駅から道塚駅に改称した。
その後、第二次世界大戦中の1945年(昭和20年)4月の空襲で蒲田周辺が焦土地帯になり、蒲田駅も壊滅してしまった。
そして、従来蒲田駅は池上線と目蒲線で駅が別の場所にあったが、池上線の駅に乗り入れる新線を建設することで運行を再開した。
それにより、道塚駅を含む旧線は廃止された[1]
注目の情報

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「道塚駅」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio