軽油の解説頁です。 Weblio辞書辞典>ビジネス>商品先物用語>軽油>軽油の1ページ目
「軽油」とは
辞書を選択できます:

軽油とは?



商品先物用語(⇒『日本ユニコム』)
バストラック燃料として用いられます。JIS規格では、軽油は流動点違いにより5種類分類され、それぞれ季節ごとに使い分けるようになっています。

(提供元:日本ユニコム)

ページTOP▲
IT用語辞典
読み方:けいゆ
軽油とは、原油沸点の差によって多様な炭化水素蒸留分離される際に得られる流出油分のひとつで、淡黄あるいは淡褐色をした液状炭化水素混合物のことである。沸点は約180370比重が0.84~0.9で、ガソリン分・灯油分に続いて留出される。
原油は、製油所蒸留分離精製なされることにって、ガソリン灯油、軽油といった一連の石油製品生成される。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「軽油」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio