起業の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>起業>起業の1ページ目

起業とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
起業きぎょうとは、新しく事業を起こすことで、創業そうぎょうともいう。
原義を紐解けば、起業は「新しく事業を起こすこと」、創業は「創める(事業などを新しく起こす)こと」である。
起業・創業を行う者は、それぞれに起業家(きぎょうか。
※「起業者」は意味が異なる)・創業者という(※「創業家〈そうぎょうけ〉」は創業者の一族が社長職を世襲したり、大株主や精神的支柱として経営に強い影響を持ち続けるようになった場合に使われる)。
また、外来語アントレプレナー: entrepreneur)およびアントルプルヌール: entrepreneur)も、その第一義は同義

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「起業」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio