赤経の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>赤経>赤経の1ページ目

赤経とは?



ウィキペディア
⇒『
right ascension:赤経declination:赤緯vernal equinox:春分点
赤経(せきけい/せっけい、right ascension)は、天体の位置を表す値。
RA、αと略して表記される。
通常、赤緯と合わせて使われる。
概要

まず、天の北極、天の南極、天の赤道を決める(赤緯の項目を参照)。
恒星の赤経・赤緯は変わらないが、太陽や他の惑星などは、天球上で位置を変えるため、赤緯の値も変わる。
太陽は、地球の北半球では夏の間は天の赤道よりも北に位置し、赤緯は+の値になる。
冬の間、太陽は天の赤道よりも南に位置し、赤緯は-の値となる。
そしてちょうど春分の日と秋分の日に、太陽の赤緯は0になる。
春分の日、ちょうど太陽の赤緯が0になった瞬間の天球上での太陽の位置を、赤経0と定める。
この地点はちょうど天の赤道上にある。
天の赤道を24分割し、春分点を0時、以後、東周りに1時、2時(あるいは、0時間、1時間、2時間)と数えていく。
他言語に合わせるため、通常は0h,1h,2hと書く。
1周するとちょうど24時になる。
赤経1時=15°になる。
さらにこの1時を60分割したものを1分、1分を60分割したものを1秒と書く。
この「1分」「1秒」は、通常の角度の1分、1秒と、全く同じ綴りで書かれながら、全く違う角度であることに注意する必要がある。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「赤経」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio