触媒の解説頁です。 Weblio辞書辞典>工学>バイク用語>触媒>触媒の1ページ目
「触媒」とは
辞書を選択できます:

触媒とは?



バイク用語(⇒『ヤマハ発動機』)
【別称】触媒
排気ガス含まれる有害物質拡散防止する触媒装置(触媒とは自分変化せずに相手変化させる物質)。サイレンサーエキゾーストパイプ組み込まれている。内部ハニカム(ハチの巣)タイプとパンチングタイプがあり、この穴を有害物質が通ることによって内部壁面化学反応起こし有害物質を害の少ないものへと変化させて
関連用語】サイレンサーマフラー

(提供元:ヤマハ発動機)

ページTOP▲
日本酒用語
酵素どのように自分自身変化しないで、他の物質変化化学反応促進させるもの。

(提供元:日本酒index)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
触媒(しょくばい)とは、一般に、特定の化学反応反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう[1]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/9)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「触媒」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio