角川ビーンズ文庫の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>角川ビーンズ文庫>角川ビーンズ文庫の1ページ目

角川ビーンズ文庫とは?



ウィキペディア
Jump to navigation Jump to search
角川ビーンズ文庫(かどかわビーンズぶんこ、Kadokawa Beans Bunko)はKADOKAWA角川書店ブランド)による、少女向けのライトノベルを主に扱う文庫レーベル
目次

 1 概要
 2 角川ビーンズ文庫作品一覧
 2.1 あ行
 2.2 か行
 2.3 さ行
 2.4 た行
 2.5 な行
 2.6 は行
 2.7 ま行
 2.8 や行
 2.9 ら行
 2.10 わ行
 3 出典
 4 関連項目
 5 外部リンク
概要

─物語の扉、異世界への鍵―』をキャッチフレーズに、2001年に設立。
主にファンタジー系の作品が多い。角川ティーンズルビー文庫(現在休刊)が母体とも言われる。
まるマシリーズ』(今日からマ王!)のアニメ化や『少年陰陽師』、『彩雲国物語』の人気により注目される。
他レーベルの人気作品だった『やさしい竜の殺し方』、『GOSICK -ゴシック-』等のシリーズの移籍先として新装版の刊行もなされている。
近年ではボーカロイド小説に力を入れており、『脳漿炸裂ガール』、『告白予行練習』といった作品を出版している。
オンライン小説として投稿されていた小説家になろうE★エブリスタの掲載作品も取り扱うようになった。
雑誌『ザ・ビーンズ』(休刊)が発刊され短編が掲載されている。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/12)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「角川ビーンズ文庫」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio