行政法の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>行政法>行政法の1ページ目

行政法とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
行政法(ぎょうせいほう)とは、行政特有の活動について、私人相互の関係とは異なる規律をする国内法である[1]
目次

 1 概説
 1.1 行政と法
 1.2 行政法の特質
 1.3 行政法学
 2 行政法の歴史
 3 日本法における行政法
 3.1 行政法の法源
 3.2 行政法の分類
 3.2.1 行政組織法
 3.2.2 行政作用法
 3.2.3 行政救済法
 4 英米法における行政法
 5 脚注
 5.1 参考文献
 5.2 出典
概説

行政法とは「行政に関する法」あるいは「行政に特殊固有な法」をいう[2]
行政法は「民法」や「商法」のように単独の法典が存在しているわけではなく行政に関連する法律の総称をいう[2]
行政の定義については行政#定義参照。
行政と法

行政の観念は元来は法と無関係であった[3]
治山・治水・都市造成など政策の実施は国家の成立とともに行われてきたもので法律の根拠が必要とされていたわけではない[3]
近代以前の行政は法が支配しているわけではなく、人の支配による専断的な政治が行われており、封建領主や専制君主は一方的に行政を執行していた[3]
法治主義(ほうちしゅぎ)とは、「国家のあらゆる社会活動は、法に従わなければならない」という原則をいう。
したがって、行政における法治主義(法治行政の原理(ほうちぎょうせいのげんり))は、行政活動は、その担当者の恣意や行政部外者からの圧迫(暴行や脅迫等を含む)によってではなく、客観的な法に従って行わなければならないという一種の規範的要請を意味する[4]
法治行政の原理はドイツを中心とする大陸法系諸国で発達した[5]
法治行政の原理でいう「法」は立法府の制定する法律を意味し、法律によって行政の恣意や専断を防ぐという趣旨に基づく[5]
法律による行政の原理は、次の3つの原則からなる。
 法律の法規創造力
国会で制定する法律だけが、国民の権利義務に関する規律である法規を創造出来る。
 法律の優位
法律が存在する場合には、行政作用が法律に違反してはならない。
 法律の留保
一定の行政作用については、法律の根拠がなければならない。
一方、アングロサクソンの英米法系の諸国では法の支配の原理が発達したが、法の支配でいう「法」では判例法が重視され、判例法により立法権や行政権がコントロールされるとともに適正手続の保障を重視する[5]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/10)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「行政法」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio