著作権表示の解説頁です。 Weblio辞書辞典>ビジネス>サイバー法用語>著作権表示
「著作権表示」とは
辞書を選択できます:

著作権表示とは?



サイバー法用語
読み方ちょさくけんひょうじ
著作権客体であることを示す表示1709年イギリス制定された Ann Statute が,法的救済要件として監督官庁への登録ならびに著作権表示(©=まるCマーク最初発行年および著作権者名)を著作物(の複製物)に付すことを定めたのに由来し,英米法体系の国において用いられた制度万国著作権条約も著作権表示を国際的保護要件としている。
なお,一部ラテン・アメリカの国においては前記表示併せてスペイン語の“Derechos Resevados”(「全権留保」)に相当する語句が著作権表示として用いられており,英語の“All rights reserved”という語句がしばしばその役割を果たしている。
(注:この情報2007年11月現在のものです)

(提供元:サイバー法用語集)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

(出典:Wikipedia 2019/05/17 04:54 UTC 版)

ページTOP▲

楽に探せる!楽ワード


ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「著作権表示」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio