荒走りの解説頁です。 Weblio辞書辞典>食品>日本酒用語>荒走り>荒走りの1ページ目

荒走りとは?



日本酒用語
醪を圧搾濾過して、清酒清酒粕に分離する操作をいい。
あげふねともいう。最近自動圧搾機普及しているが、昔は酒袋さかぶくろ)に醪をつめて、(ふね)の中にならべて搾った。
その操作次のようである。
まず、醪を酒袋(5~9リットル入り)につめ、(ふね)の中に並べて積む。この間に、最初に出てくる白く濁った清酒を荒走り(あらばしり)という。が袋でいっぱいになると、の上カサを乗せて、さらに酒袋を積む。
積み終わってから3時間くらいは、自らの重さきれいな酒が自然に出てくる。この間水槽みずぶね)という。
積み上げ酒袋の高さが低くなってくると、カサ取り除き、押おしぶた)と枕木をのせて圧搾始める。
これを押槽おしぶね)という。
翌日酒袋を積み替えて(袋直し直し)再び圧搾する(責槽せめぶね))
注目の情報

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「荒走り」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio