芋茎の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>住所・郵便番号>芋茎>芋茎の4ページ目

芋茎とは?




 中国広東省福建省などでは「芋茎干」、「芋梗干」などと称して、スープの素材やアヒルニワトリなどと煮込んで食べる例がある。
 ネパールでは、水で戻して黒大豆の粉をまぶして炒めることで肉に近い食感の「モシュラ」という食材とし、煮物、炒め物などの素材として使う。
ずいき祭
北野天満宮
毎年10月1-5日に「北野ずいき祭」が行われる。
4日には屋根や柱がずいきで作られ、乾物や野菜で飾られた「ずいき神輿」が巡行する[9]
御上神社
毎年10月中旬にずいきで神輿を作り奉納する「ずいき祭」が行われる。
平成17年に国の重要無形民俗文化財に指定されている[10]
脚注
^ 木村修次・黒澤弘光『大修館現代漢和辞典』大修館出版、1996年12月10日発行(965ページ)^ eヘルシーレシピ「⇒『ズイキ』」第一三共株式会社 2015年9月10日閲覧。^ 上田耕司『もっと知りたい京野菜』 淡交社、2014年。⇒『ISBN 9784473039675』、p.74.^ セレベス芋(赤芽芋)とは異なる。^ 「⇒『全国でも柏市でしか栽培されていない野菜、根芋(ねいも)』」柏市 2015年9月10日閲覧。^ 尚学図書編、『日本方言大辞典』別巻p778、小学館、1989年^ 尚学図書編、『日本方言大辞典』pp1210-1211、小学館、1989年^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p41 昭和33年12月25日発行^ 「⇒『ずいき祭』」北野天満宮、2015年9月14日閲覧。^ 「⇒『三上のずいき祭』」文化庁、2015年9月14日閲覧。
注目の情報

ページ(4/5)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「芋茎」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「芋茎」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio