自転周期の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>自転周期>自転周期の1ページ目

自転周期とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
自転周期(じてんしゅうき、Rotation period)とは、自転する天体(主として惑星)が自転軸の周りを一周するのに要する時間である。
背景の恒星に対して一周する時間は恒星時と呼ばれ、太陽に対して一周する時間は太陽時と呼ばれる。
目次

 1 周期の測定
 2 地球
 3 主な天体の自転周期
 4 関連項目
 5 脚注
周期の測定

岩石惑星小惑星のような固体でできた天体は、自転周期として定まった値を持つ。
一方、恒星ガス惑星のような気体、液体でできた天体は、差動回転という現象によって、緯度によって異なった自転周期を持つが、一般的には磁場の自転周期で定義される。
球面対称でない天体の場合は、重力潮汐力の影響を考えなくても一般に定まらない。
自転軸の回りの慣性モーメントが変化するため、自転周期が変動する。土星の衛星ヒペリオンはこのような現象を示し、その自転周期はカオス理論を使って表される。
地球

太陽に対する地球の自転周期、すなわちLOD(Length of Day:一日の長さ)は、86 400秒である。
LODは、潮汐力による減速によって、19世紀と比べて顕著に長く(10-8程度であるが)なっており、2012年近辺では、86 400秒よりも1〜2ミリ秒程度長くなっている。
これが閏秒を挿入している理由である。
詳細は閏秒地球の自転を参照のこと。
1750年から1892年の平均太陽秒(ほぼ1820年時点での秒の長さ)が1895年にサイモン・ニューカムによってTables of the Sunとしてまとめられた。
この表は1900年から1983年まで天体暦を計算するのに用いられ、暦表時として知られた。
注目の情報

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「自転周期」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio