自己組織化の解説頁です。 Weblio辞書辞典>学問>OR事典>自己組織化
「自己組織化」とは
辞書を選択できます:

自己組織化とは?



OR事典
読み方じこそしきか
【英】:self-organization
複数要素からなるシステム情報伝達などの相互作用をする過程の中から, 系全体からの指令なしに自律的一定の全体として構造パターン(秩序)を生み出す現象を自己組織化という. 自己組織化理論1つにマツラナ・バレラの提唱する自己産出系(オートポイエシス)がある. オートポイエティックマシンとは「要素要素産出(変形および破壊)する過程ネットワークとして, 有機的構成された単位体」で, 自己産出自己維持能力有する.

(提供元:日本オペレーションズ・リサーチ学会)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

(出典:Wikipedia 2019/01/25 02:46 UTC 版)

ページTOP▲

楽に探せる!楽ワード


ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「自己組織化」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio