背炙り山空中ケーブルの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>背炙り山空中ケーブル>背炙り山空中ケーブルの1ページ目

背炙り山空中ケーブルとは?



ウィキペディア

プロジェクト‐ノート:鉄道/路線に、このページに関する質問があります。
質問の要約:索道記事などにおいて記事名に事業者名がない記事はどうするべきか

背炙り山空中ケーブル(せあぶりやまくうちゅうケーブル)は、かつて福島県会津若松市で市が経営していた索道東山温泉から 背炙り山・黄金丘(第1ケーブル)、 背炙り山・黄金丘から関白平(第2ケーブル)を結んでいた。
概要

1955年末に市議会で建設可決。1956年1月に定礎し、同年8月10日に第1ケーブルが開業した。
工費5000万円をかけて建設された第1ケーブルは、東山温泉から背炙り山・黄金丘へ延長1040m、標高差375m(沢登り)、所要時間5分、31人乗りのゴンドラ2機で、それぞれ市民公募で「あさぎり」「ゆうぎり」と名付けられ、開業当時の料金は大人片道70円、往復130円だった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「背炙り山空中ケーブル」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio