背教罪の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>背教罪>背教罪の1ページ目

背教罪とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
背教(はいきょう、ギリシャ語:αποστασία、英語: Apostasy)とは教え、宗教教義教理などに背くことである。

目次

 1 宗教
 1.1 キリスト教
 1.1.1 背教者
 1.1.2 聖書
 1.1.3 カトリック教会
 2 日本
 3 脚注
 4 参考文献

ウィキペディア目次へ
宗教
キリスト教

背教者

背教者(⇒『lapsi』)の区分。
 供犠者(sacrificati) 偶像にいけにえをささげた者。

 供香者(thurificati)偶像に焼香した者。
 供え者奉納所持者(libellatici) 証明書の所持者。

聖書

新約聖書使徒行伝21:21、第二テサロニケ2:3にこの語がある。

カトリック教会

マカバイ2:15もあげる。ドナトゥス派が背教グループから離教グループになったとみなしている[1]

ウィキペディア目次へ
日本

中田信蔵は『背教者列伝』で徳富蘇峰を批判した。内村鑑三の弟子である小山内薫は『背教者』を書いた[2]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「背教罪」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio