群知能の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>群知能>群知能の6ページ目

群知能とは?




確率的ルーティングテーブルを使い、無数の「蟻」(小さい制御パケット)を放って、それらが正しく到達するとそのルーティングテーブルを補強する。
順方向、逆方向、あるいは両方向の経路増強について研究がなされている。
逆方向増強には対称なネットワークが必要で、2つの方向を結合する。
順方向増強は結果が判明する前に行われる(映画を見る前に料金を払って映画を見るのに似ている)。
システムは確率論的に動作するので、再現性はなく、商用化には大きなハードルがある。
航空会社は、空港に着陸後の航空機の動きのシミュレーションに「蟻に基づく経路制御」を用いてきた。
サウスウエスト航空は群知能に基づくソフトウェアを使っている。
各パイロットは最善のゲートを探している蟻のように振る舞う。
ダグラス・A・ローソンは「パイロットは経験から何が最善かということを学んでおり、それが航空会社にとっても最善の解であることが判明している」と説明している[29]
ポップカルチャーでの例

群知能に関連する概念は様々なポップカルチャー作品にも見られ、集合精神などとも呼ばれる。
 SF作家オラフ・ステープルドンは世界で初めて人類と同等かそれ以上に発達した群知能を描いた。
『最後にして最初の人類』(1931) では、火星からやってきた群知能を描いており、個々の小さな細胞は電波で互いにやりとりする。
『スターメイカー』(1937) では様々な群知能が多数の文明を築く様を描いている。
 スタニスワフ・レムの『砂漠の惑星』(1964) では、辺境の惑星での救助任務で、奇妙かつ危険な昆虫のような機械の大群に遭遇する。
 ルーディ・ラッカーの『ハッカーと蟻』(1994) では、仮想環境内の人工知能アリが登場する。
 マイケル・クライトンの『プレイ -獲物-』(2002)では、制御された環境から逃げ出した知的ナノマシンの群れによって危険な状況となる。
脚注
^ Beni, G., Wang, J. Swarm Intelligence in Cellular Robotic Systems, Proceed. NATO Advanced Workshop on Robots and Biological Systems, Tuscany, Italy, June 26–30 (1989)^ ⇒『Altruism helps swarming robots fly better』 genevalunch.com, 4 May 2011.^ Waibel M, Floreano1 D and Keller L (2011) ⇒『"A quantitative test of Hamilton's rule for the evolution of altruism"』 PLoS Biology, 9(5): e1000615. doi:⇒『10.1371/journal.pbio.1000615^ Ant Colony Optimizati
注目の情報

ページ(6/13)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「群知能」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「群知能」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio