群知能の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>群知能>群知能の5ページ目

群知能とは?




確率的拡散探索

確率的拡散探索(⇒『英語版』) (SDS) は、エージェントに基づいた確率的広域探索であり、最適化技法である。
目的関数を複数の部分関数に分解可能な問題に適している。
各エージェントは現在の仮説に基づいてパラメータ化された部分目的関数を無作為に選択して評価することで、仮説を繰り返し評価する。
標準的SDSでは、部分関数の評価結果は2値であり、各エージェントは活性化されるか非活性化されるかのどちらかである。
仮説に関する情報はエージェント間通信を通して個体群に拡散される。
蟻コロニー最適化で使われる ⇒『Stigmergy』 な通信ではなく、SDS ではアリが一列に連なる振る舞いを示すことにヒントを得た1対1の通信戦略で、仮説をエージェント間で伝達する。
正のフィードバック機構によって、エージェントの個体群は広域最適解周辺で徐々に安定していくことが保証される。
SDS は数学的に記述可能な効率的で頑健な探索法であり、最適化アルゴリズムである。
群知能技術の適用例

群知能ベースの技術は様々な応用が可能である。
アメリカ軍は無人機を制御するのに群知能技術を使うことを検討中である。欧州宇宙機関は、軌道上の群による自己組み立てと干渉測定を検討している。NASAは惑星の地図を作成するのに群知能技術を使うことを研究中である。
M・アンソニー・ルイス(⇒『英語版』)とジョージ・A・ベーキー(⇒『英語版』)は1992年の論文で、人体内の癌腫瘍を殺すためにナノボットを群知能技術で制御することを論じている[26]
群知能はデータマイニングにも応用されてきた[27]
群集のシミュレーション

芸術作品では、複雑な対話型システムや群集のシミュレーションの作成手段として群知能技術が使われる。
群知能技術を使った世界初のアニメ映画として ⇒『Stanley and Stella in: Breaking the Ice』 があり、ボイドシステムを使って魚や鳥の群れを写実的に描いた。
バットマン・リターンズ』ではコウモリの群れの動きの描画に群知能技術を使った。
ロード・オブ・ザ・リング』三部作でも Massive と呼ばれる同様の技術が戦闘シーンで使われた。
群知能技術は安価で頑強で単純なので、非常に魅力的である。
航空会社は航空機の乗客のシミュレーションに群知能理論を活用してきた。サウスウエスト航空の研究者ダグラス・A・ローソン(⇒『英語版』)は、6つの規則だけを使ったコンピュータシミュレーションを行い、各種乗機方法で乗機にかかる時間を評価した[28]
蟻に基づく経路制御

通信ネットワークへの群知能の適用も研究されており、Ant Based Routing(蟻に基づく経路制御)と呼ばれている。
1990年代中ごろ、Dorigoらとヒューレット・パッカードの研究者らがそれぞれ独自に研究を行い、その後様々な派生が生まれた。
楽に探せる!楽ワード

ページ(5/13)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「群知能」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「群知能」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio