群知能の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>群知能>群知能の1ページ目

群知能とは?



ウィキペディア
群知能(ぐんちのう、むれちのう、Swarm Intelligence, SI)は、分権化し自己組織化されたシステムの集合的ふるまいの研究に基づいた人工知能技術である。
「群知能」という用語は、1989年 ⇒『Beni』 および Wang が提唱したもので、セルラーロボットシステムに関して使ったのが最初である[1](セル・オートマトン進化的計算も参照されたい)。
SIシステムは一般に単純なエージェントボイドの個体群から構成され、各個体はローカルに互いと、そして彼らの環境と対話する。
個々のエージェントがどう行動すべきかを命じている集中的な制御構造は通常存在しないが、そのようなエージェント間の局所相互作用はしばしば全体の行動の創発(emergence)をもたらす。
このようなシステムの自然界の例として、アリの巣、鳥の群れ、動物の群れ、細菌のコロニー、魚の群れなどがある。
群ロボット工学は群知能の考え方を多数の安価なロボット群に適用するものである。
目次

 1 アルゴリズムの例
 1.1 利他的アルゴリズム
 1.2 蟻コロニー最適化
 1.3 人工蜂コロニーアルゴリズム
 1.4 人工免疫システム
 1.5 荷電系探索
 1.6 カッコウ探索
 1.7 ホタルのアルゴリズム
 1.8 重力探索アルゴリズム
 1.9 Intelligent Water Drops
 1.10 マルチスウォーム最適化
 1.11 粒子群最適化
 1.12 河川形成力学
 1.13 自己駆動粒子群
 1.14 確率的拡散探索
 2 群知能技術の適用例

注目の情報

ページ(1/13)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「群知能」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio