笹川ひろしの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>笹川ひろし>笹川ひろしの1ページ目

笹川ひろしとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
笹川 ひろし(ささがわ ひろし、1936年7月9日 - )は、日本の男性アニメーション監督漫画家作家タツノコプロ顧問。
目次

 1 概要
 2 略歴
 3 作品リスト
 3.1 アニメ
 3.1.1 テレビアニメ
 3.1.2 OVA
 3.1.3 劇場アニメ
 3.2 漫画
 3.3 小説
 3.4 自伝
 3.5 その他
 4 参考資料
 5 出典
概要

福島県会津若松市出身。
漫画家を経て、タツノコプロの創立時から演出家として活躍。1970年代から1980年代にかけてのタツノコ黄金時代の立役者の一人。
代表作は『タイムボカンシリーズ』など。
ギャグ作品を多く手がけており、マンネリを生かしたギャグの演出を得意とする。
「ギャグアニメの帝王」「アニメ界の欽ちゃん」とも言われた。
しかし、当人は『新造人間キャシャーン』のようなシリアスなストーリーが好きであるという。
タツノコプロでは取締役兼演出部長として1975年に研修生を募集し、演出家要員として真下耕一うえだひでひと西久保瑞穂押井守を採用(彼らは後に「タツノコ四天王」と呼ばれるようになる)。
個人事務所の笹川ひろし事務所には、長田ノオト上北双子(上北実那、上北希沙)、今川泰宏、茂木智里らが在籍するなど、数々の人材を育成している。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/18)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「笹川ひろし」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio