窒素酸化物の解説頁です。 Weblio辞書辞典>業界用語>環境用語>窒素酸化物>窒素酸化物の1ページ目
「窒素酸化物」とは
辞書を選択できます:

窒素酸化物とは?



環境用語
一酸化窒素(NO)と二酸化窒素(NO2)が主なものです。
これらは,石油石炭燃焼伴って発生し,工場ビル自動車などから排出されます。
窒素酸化物は,高温燃焼過程でまずNOのかたちで生成され,これが大気中に放出されたあと酸素と結びついてNO2となります。
この反応はすぐには起こらないので,大気中にはNOとNO2とが共存しています。
窒素酸化物は燃焼状態が良好なとき,効率よく燃焼しているとき多く発生するので,その対策問題になっています。
現在行われている対策燃焼ガスもう一度燃焼室戻し燃焼温度低下させたり水噴射を行う方法等がとられています。
主な発生源は,自動車エンジンボイラー工場家庭暖房など広範囲わたっています。
NO2係る環境基準1時間値1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内又はそれ以下であること。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「窒素酸化物」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio