空想の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>空想>空想の1ページ目
「空想」とは
辞書を選択できます:

空想とは?



物語事典
★1a.自分が住みたい家について、あれこれ空想するが、実現できない
発心集5-13 年老い貧しい男が、壊れ古堂に住んでいた。
彼は紙反故をもらい集めて、いくつも家の設計図を描き、「寝殿しかじか、門の形はこれこれ」などと空想して、毎日を過ごしていた。人々は、馬鹿げたことの例として、このことを言っていた。
ものくさ太郎御伽草子ものくさ太郎邸宅人並みすぐれて見事なもので、四面四町築地を築き、東西南北に池を掘り、屋敷天井に錦を張り垂木金銀金具代わりに打ちなどして立派に造りたい、と心には思うのだが、実際には、竹を4本立て、それにをかけて住んでいた。
★1b.将来開きたい店について、あれこれ空想する。
素晴らしき日曜日黒澤明戦後間もない頃。
若いカップル雄造と昌子が焼け跡空き地で、将来開きたいと思う店のありさま想像する。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/11)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「空想」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio