神戸新聞の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>神戸新聞>神戸新聞の1ページ目

神戸新聞とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
神戸新聞(こうべしんぶん)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く神戸新聞社が発行する日本新聞地方紙)である。

目次


 1 概要
 2 歴史
 3 紙面構成
 3.1 新聞の発行体形
 4 地方面
 5 番組表の収録局
 5.1 メインテレビ面(最終面)
 5.2 第二テレビ・ラジオ面
 6 脚注
 7 関連項目
 8 外部リンク
概要

発行部数は朝刊50万部、夕刊16万部(2017年9月ABC部数)である。⇒『[1]』 また、兵庫県内においては、シェアは約20%で1位であり、2位の読売新聞よりも、0.1%高い。
概ね県内の購読率が高いが、阪神地域では比較的低い。
1898年2月11日に創刊、翌12日から14日まで3日間休刊したが[2]、それ以降は無休刊の伝統を保っている。
1つの都道府県を広域的にカバーする新聞の中で、都道府県名ではなく県庁所在地を題名にするのは、(都道府県と県庁所在地の地名が同じものを除けば)名古屋タイムズ2008年廃刊)の例もある。
題字の「新」の文字は、「木」の部分に横棒が1本多く「未」のようになった字体を使用している(日本の新聞#題字の「新」の字体を参照)。
毎月1日付朝刊の1面題字脇に神戸新聞社是「私たちは公正に伝え、人をつなぎ、くらしの充実と地域の発展につくす」を掲載している。
歴史

 1898年明治31年)2月11日 - 川崎正蔵によって神戸新聞が創刊(神戸新聞社発足は同年2月1日)。

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/24)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「神戸新聞」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio