着生ランの解説頁です。 Weblio辞書辞典>生物>らん用語>着生ラン>着生ランの1ページ目
「着生ラン」とは
辞書を選択できます:

着生ランとは?



らん用語
気生ラン樹木の幹や、岩などにくっついて生育しているラン
(Epiphytal Orchid) ⇔地生ラン半着生ラン
岩生ラン
着生ランが現れ経緯推測
ランは最も遅くこの地球上に現れたため、既に他の植物に覆われた環境進出なければならなかった。
そこで、自分の体のつくりや栄養分を得る仕組み変えることによって、より生存競争少ない、つまり他の植物があまり生えていない岩の上や、高いの上での生活に適応ていった
「着生ラン」の研究
①木に張り付いて生息するランは、長い間、「寄生植物」だと考えられてきた。
②1810年頃、イギリス王立科学院長・のジョーゼフ・バンクス卿(Joseph Banks,1743~1820年)の実験によって、この種のラン寄生植物ではなく着生植物であることが解明された。
注目の情報

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「着生ラン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio