県民性の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>県民性>県民性の1ページ目

県民性とは?



ウィキペディア
Jump to navigation Jump to search
県民性(けんみんせい)とは、日本の各都道府県ごとの、県民の性質や行動についての、なんらかの傾向を指す言葉である。
県民性という言葉が指しているのは、考え方や気質だけでなく、摂食するものの傾向、住宅や自動車などの購買金額の差、預貯金の金額の差などの、きわめて具体的で統計的・科学的にも正確に把握しやすいものまで含んでいる概念である。
要素ごとに、それがはっきりと現れる県と、漠然としてあまり明確には現れない県がある[1]
地域ごとの気質や文化の違いは古くから人々の関心を集め、調査の対象とされてきた(調査の節を参照)。
目次

 1 県民性を作り出す原因
 1.1 「県民性」、かつては「お国柄」
 2 調査
 3 県民性とされる具体的な例
 4 各都道府県の県民性
 4.1 北海道・東北地方
 4.2 関東地方
 4.3 北陸地方・甲信越地方
 4.4 東海地方
 4.5 近畿地方
 4.6 中国地方
 4.7 四国地方
 4.8 九州地方
 5 留意点
 6 テレビ番組
 7 脚注
 8 参考文献
 9 関連項目
 10 外部リンク
県民性を作り出す原因

各県ごとに歴史背景は大きく異なるが、県民性を作り出しているものとしては歴史風土が挙げられる[1]
あるいはもっと具体的に、地形気候人口産業といったものを原因として挙げる人もいる。
地域ごとに流布状況の異なる宗派宗教)の影響も挙げられる[2]
例えば、富山県などの北陸地方では、親鸞の創始した浄土真宗の影響が強く残っていて、人々のものの考え方、価値観に影響を及ぼしている(それが勤勉で忍耐強い県民性につながり、富山県が持ち家比率が全国一、福井県石川県もそれに続く数字である、という分析もある)[2]
「県民性」、かつては「お国柄」

そもそも「県民性」というのは比較的新しい言葉である。
注目の情報

ページ(1/18)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「県民性」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio